富士登山





日本が世界に誇る富士山は4階建ての活火山と言われています。
数十万年前から大きな噴火を繰り返し、およそ一万年前に現在の美しい円錐形の姿となりました。

五合目まで道路が開通している現在は、五合目の各登山口から登る富士登山が主流となっています。
登山口から登り始めるとすぐに森林限界。そこは樹木の育つことができない厳しい環境です。火山特有のスコリアと呼ばれるザクザクとした小石の登山道を進みます。
しばらく行くと眼下に真っ白な雲が広がる雲海が見られることでしょう。
雲の上に頭を出している山はまるで島のように見えます。
雲海を紅く染めつつ雲の中へ消えてゆく夕日や、雲の下から昇るご来光、また夜になれば、ふもとの街の夜景や満天の星空には天の川、光り輝く流れ星など、富士山に登らないと見られない非日常の景色が待っています。

海外からも観光客が大勢来るほどブームの富士登山ですが、山という自然の中で過ごすアクティビティですので、それ相応の準備と対策が必要です。
当店では装備や体力面などの事前の準備から、当日の山での過ごし方・歩き方のサポートで、多くの方より『楽しく登頂することができた』と喜んでいただいています。



富士登山プライベートガイド





2013年に世界文化遺産に認定され、ますます世界から注目される富士山。
 「日本一の富士山に一度は登ってみたい!」
 「富士山の違った表情を見てみたい!」
そんなチャレンジを”ダイビング&トレッキング ぴっころ”は全力で応援いたします。
お客様のご都合に合わせた出発日、ご希望の登山ルートや登山ペース、夜間登山の有無、お鉢巡りの有無など自由に選択していただき、富士山の歴史や自然の解説を聞きながら、富士山をたっぷり満喫できるプライベートガイドです。

こんな方におすすめ

  • 小さな子供が一緒だから他の人に気兼ねなく登りたいなぁ…。
  • 自分達のグループだけでワイワイと楽しく登りたい!
  • ツアー登山のペースについていけず、前回はリタイヤしちゃったんだよなぁ…。
  • 体力に自信がないので他の人に迷惑かけそうで不安だなぁ…。
  • 夜間登山をして山頂で御来光を見たい!
  • 深夜の大渋滞はイヤ。明るくなってから頂上を目指したい。
  • 下山は有名な砂走りを駆け降りてみたい!
  • 富士山最大の火口「宝永火口」を間近で見てみたい。


料金表





申込み人数 1人当たりの料金(税別)
2名 45,000円
3名 33,000円
4名 24,800円
5名以上 22,300円

2019年4月末までにご予約の方には、早割としてガイド料を10%引きいたします。
料金に含まれるもの:ガイド料
料金に含まれないもの:山小屋の宿泊料(1泊2食 8,000~10,000円、宿泊先により異なります)、トイレ利用料(トイレチップ 1回 200~300円)
万が一に備え、登山中のケガや遭難救助にかかった費用等を補償するため、モンベル野あそび保険(国内旅行傷害保険)などの山岳保険に加入することをおすすめします。


富士登山の流れ




12:00 富士山五合目にて

富士山五合目の標高は約2,300m。
ここで昼食をとったり、ゆっくり過ごすことで高山病対策になる高所順応をします。
これが富士登山を成功させる秘訣です。
時間に余裕があれば、より長く高所順応の時間をとってください。

13:00 富士山五合目集合

参加者全員の点呼、健康状態のチェック、持ち物のチェックをします。
これからの登山ルートや注意事項について説明します。
ストレッチを中心に準備運動をします。
靴ひもの結び方やザックの調整の仕方などをアドバイスします。

13:30 登山開始

いよいよ、登山開始!
20~30分ごとに小休止をとり、水分やエネルギー補給をします。

17:00 七合目・山小屋着

お疲れさまでした。1日目の登山は終了です。
山小屋ですぐに横になるとそのまま寝てしまうことが多く、寝てしまうと自然と呼吸が浅くなるので高山病のリスクが高まります。
山小屋に着いても、疲れているからとすぐに横にならないようにしましょう

水の少ない富士山の山小屋では、入浴や歯磨きは残念ながら出来ません。
ウエットティッシュなどでふき取りましょう。
夕食後は高所順応のために静かに、のんびり過ごして身体を休めましょう

1:00~4:00 山小屋発

山頂で御来光を見たいとお考えの場合は、1:00頃に山小屋を出発します。
夜間登山をせず明るくなってから歩きたい場合は、4:00頃に山小屋を出発します。
出発までに食事をとり、トイレを済ませておきましょう。
歩き始めは呼吸が苦しいですが、次第に慣れてきますからめげずに頑張りましょう。

4:30~8:00 富士山山頂着

登頂おめでとうございます。
富士山山頂では浅間神社に参拝したり、山小屋で食事をとったりして自由にお過ごしください。
お鉢めぐりを希望の場合は、一周約90分です。

4:45頃 御来光

4時ごろから次第に明るくなります。
4時45分頃には太陽が雲の下から顔を出し、見事な御来光を見ることができるでしょう。

7:00~10:00 下山開始

下山前にストックの長さの調整、靴ひもの締め直しをしましょう。
地面が乾いている場合は、土ぼこり除けにマスクやサングラスをしましょう。

11:30~14:30 富士山五合目着

お疲れさまでした。
ストレッチをして足の疲れをほぐしましょう。
お家まで気を付けてお帰りください。
ありがとうございました。


トレッキング装備について




【必要なもの】

  • トレッキングシューズ
  • ザック(約20~30L:全ての装備と脱いだ防寒具が入るもの)
  • ザックカバー(ザックの濡れ防止)
  • ウェア(上下ともに動きやすい服装、素材は汗冷えしないよう化繊やウールなど、綿素材は避る)
  • 防寒具(フリース・ダウンジャケット・ニットキャップ・ネックウォーマーなど)
  • レインウェア上下(防水性・透湿性のあるものがオススメ)
  • 手袋または、軍手
  • 帽子(風で飛ばされにくいもの)
  • サングラス
  • ヘッドランプ、予備電池
  • タオル、または手ぬぐい
  • ティッシュ、またはウエットティッシュ
  • 日焼け止め
  • ゴミ袋、またはレジ袋
  • 飲み物(500ml×2本程度)、またはハイドレーション
  • 行動食(おにぎり、パン、あめ、チョコレートなど)
  • 常備薬
  • 保険証
  • 携帯電話
  • トイレチップ用の100円玉×10コ(1回 200~300円)
  • 耳栓
  • アイマスク
  • マスク

【あると便利なもの】

  • トレッキングポール(下りで膝への負担を軽減、歩行時のバランスをサポート)
  • スパッツ(ズボンの裾の汚れや濡れを防ぐ)
  • ヘルメット
  • カメラ
  • モバイルバッテリー
  • 虫除けスプレー
  • 地図
  • コンパス

よくある質問





Q クレジットカードは使えますか?
Q トレッキングにはどれくらいの体力が必要ですか?
Q 雨の場合は?
Q トレッキングに不要な荷物を預かって頂くことは可能ですか?
Q 下山後、お風呂に入りたいのですが?
Q 昼食は、どうすればいいですか?

ご予約&お問い合わせ




 電話・FAX:0557-54-2872
 携帯電話:090-3078-8974
 ご予約・お問い合せフォームはこちら

フォームメールでのご予約は、参加希望日の前々日までにお願いします。